▼Ba.cho/石島直和
▼Vo.Gt/清水葉子
▼Vo.Dr/郡島陽子
▼Gt/大月義隆
(写真左から)

--------------------------
・2005.12.07
1st mini Album 『七色の記憶』リリース
・2006.12.06
2nd mini Album 『月アカリサイレース』リリース
・2007.11.21
3nd mini Album 『クローバー』リリース
・2008.04.19
SUM41 JAPAN TOUR 2008@Zepp Nagoyaのオープニングアクトをつとめる
・2008.05.01
限定Single『孤独へのシグナル』リリース(indiesmusic.com限定)
・2008.06.18
1st Full Album『夢幻シンドローム』リリース
・2011.02.16
2nd Full Album『トランキライザー』リリース


<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Together as one over the sky
お久しぶりです大月です


今日はやたらとダラダラ書いているのでお暇なときにでも読んでください。





僕個人名義で、東北大震災の被災地に向けたチャリティーTシャツを作りました。
2/24のシェルターのライブから販売予定です。



あれからもうすぐ一年が経ちます。
少しずつあの日のことが風化してきているのも事実であり、メディアの報道も何が真実なのかもよく分からなくなってきていて。
復興している街もあればまだまだ苦しい生活を余儀なくされている方も多くいると思います。
余震も続き、原発問題も何一つ終わってはいないのではないでしょうか。




当時アルバムのツアー中だった僕らは限られた時間の中でたくさん話し合い、迷い、ライブを一本延期、一本中止しました。
残りのツアーは予定通りやりました。葛藤もありました。
すごく意義のあるツアーになったと思います。

でも、その幾つもの選択が正しかったのか間違っていたのか今でも迷うことがあります。後悔してるわけじゃないけど。


とにかくあの時の自分に出来ることは、目の前にあるツアーをやり遂げることだと思っていました。

自分の小ささも思い知らされました

ツアーも終わって少し時間も出来て、改めて色々考えました。
その間、ライブもあるしレコーディングもあるしリリースも決まって、追われる日々でもありました。



まわりの仲間や先輩達はそれぞれのスタンスで様々な活動をしています。

MEANINGの隼人君は個人でチャリティーTシャツを作って定期的に被災地に足を運んでいるみたいです。
HEY-SMITHに声掛けてもらって東北でフリーライブにも出させてもらいました。
AIR JAMも観に行きました。自分の人生を変えたバンドからたくさんの元気と勇気をもらいました。
NBC作戦や東北ライブハウス大作戦など、自分の出来る形で協力させてもらっているし、出来たらなと思っています。


もちろん他にも全て挙げられないくらいたくさんの活動がいろんなところで行われています。




自分には何が出来る



ずっと考えていたし、迷っていました。


もちろん強制されてやることではない。
いろんな考え方があるだろうし、やることが正しくてやらないことが間違っているとも思わない。

けど、こう思っているのは自分も何かしたいと思っているからなんだろう、と気付きました。

追われる日々を言い訳にするのはやめました

自分のやれることを自分なりのスタンスでやろう、と決めました

大事なのは
続けていくこと
繋がっていくこと

今更でもないし、行動を起こす勇気は仲間から貰っている。


ならば、やるだけ。



まずはチャリティーTシャツを作って、その売り上げを持って被災地に直接行こうと思っています。

メンバーや事務所にも話をして、理解してもらったし出来る限り協力もしてくれると言ってもらえました。
メンバーには本当に感謝しています。
誤解しないでほしいのは、バンド名義でないのは決して他のメンバーに気持ちがないからとかじゃないです。皆気持ちは同じだと思っています。てゆうか同じです。


なんでTシャツなのか、個人名義なのか、作品やライブではないのか、まあ挙げればキリがないくらい疑問もあるでしょう。

直接被災地に足を運ぶべきだと思ったこと。
少しでもフットワーク軽く、ストレス無く活動をしたいと思ったこと。(シンプルに、という意味ですので。)
みんなの思いを明確に被災地に届けたいと思ったこと。

など、色々あります。


すべて自腹です。原価を除く全ての売り上げを被災地に向けての活動資金に充てたいと思っています。
いつ、何処に、何を、などはまだ明確には定まっていません。
その時々によって必要なものは変わってくるだろうし、現地の友人と相談もしています。
何か物資を持って届けに行けたらなぁとは思っています。
もちろんこのブログや僕のツイッター(@UNLIMITS_gt)で随時報告します。

なんにせよ、募金したもののそのお金がどこで何に使われているのかもわからない。。なんてことにはしませんので(批判でもありません)
それが、やろうと思った理由の一つでもあるし。


僕は音楽とギターとライブハウスで育って、幸いにも今は人前に立って音楽をしていてそれを生業にさせてもらって全国各地でライブをしています。
まわりには強い気持ちを持った尊敬する先輩や仲間が沢山います。
いろんな土地へいっていろんな人と接する機会がたくさんある。そんな自分に出来ること。



いつかバンド単位で活動をするかもしれないしチャリティーCD(配信?)をするかもしれないし何かイベントをするかもしれません。しないかもしれません。


けど、とにかく今僕が思うこと出来ることをまずは「始めよう」と思い、今はこんな形になった、というわけです。
自己満でも偽善でも



TシャツのデザインはSECRETBASEにお願いしました。
社長のヒディさんも快諾してくれて、無償で速攻でかっこいいデザインをキメてくれてほんとにありがとうございます。

僕の、僕らからの意志とメッセージを詰め込めれたかなと思います。
UNLIMITSとしてではないけれど、メンバー四人の思いは同じなのでこの一文を使わせてもらいました。
b0145688_22335562.jpg

b0145688_2234126.jpg


ボディはアスレの5001
カラーは黒とミックスグレー
サイズはXS~XL(グレーはSMLのみ)
¥2,500-
です。

今のところはライブハウスのみ直接手売りだけで考えています。


何かをしたいけど、何をすればいいんだろう。でもまあ、あいつなら信用出来るかな

って方がもしいたら、宜しくお願いします。



今はレコーディングをしています。
自分達の想いを詰め込んで、また東北でライブ出来る日を楽しみにしています◎


一日も早い復興を願っています







堅苦しくなっちゃってすいません。笑
ちょっとどうでもいい話なんだけどさ、この文を読み返してて、堅い文章だなーって思った。笑
シャレの1つでもうまく効かせられればいいんだけど。
んでね、ちょうど今日アー写の撮影があったわけ。
まずテストで軽く撮ってみてみんなで撮ったやつ見てたら、なんかつっきー堅苦しい雰囲気出てるからもっとこうしてああして、って言われた。笑

チャオ☆



またライブハウスで会いましょう◎
ではでは


UNLIMITS/Gt. 大月義隆
[PR]
by emm_unlimits | 2012-02-23 23:03 | Comments(5)